CSSによる 角丸 の枠や背景 の作り方【HTML CSS3 border-radius 円 】


今回は、CSSのプロパティ「border-radius」を使った、角丸の枠や背景(四角形の4角を丸くする)の作り方について紹介します。
 

border-radiusは、CSS3という規格で登場し、pxや%を使って四角形の4つの角を丸くする事ができ、円も作る事もできます。

 

もくじ

以下は本記事のもくじです。

  1. 1. border-radius
    1. 1-1. 概要
    2. 1-2. 基本的な使い方
      1. 1-2-1. 4点(左上、右上、右下、左下)をpxで指定
      2. 1-2-2. 3点(左上、右上&左下、右下)をpxで指定
      3. 1-2-3. 2点(左上&右下、右上&左下)をpxで指定
      4. 1-2-4. 1点(左上&右下&右上&左下)をpxで指定
      5. 1-2-5. pxではなく%で指定する
      6. 1-2-6. 角を一箇所だけ指定する
    3. 1-3. 応用的な使い方
      1. 1-3-1. 水平方向と垂直方向を別々に指定する
      2. 1-3-2. 組み合わせて図形を作る
    4. 1-4. Webブラウザの互換性について
  2. 2. まとめ

 
それでは説明に移っていきます。
 

スポンサーリンク



 
 

1. border-radius

1-1. 概要

border-radiusは、四角形の4つの角をまるめる際に使用します。それぞれの角をpxや%を利用して任意の大きさで丸くする事ができます。
 

border-radius :20px 40px 60px 80px

border-radius :20px 40px 60px 80px

 

また、border-top-left-radius(左上)、border-top-right-radius(右上)、border-bottom-left-radius(左下)、border-bottom-right-radius(右下)などのように角を個別に指定する事もできます。
 

border-top-left-radius :50%;

border-top-left-radius :50%;


 

それでは基本的な使い方を解説していきます。

 

1-2. 基本的な使い方

1-2-1. 4点(左上、右上、右下、左下)をpxで指定

先ほどの概要で載せた例になりますが、border-radius :20px 40px 60px 80px;と指定すると、左上(20px) 右上(40px) 右下(60px) 左下(80px) のようになり、下記のように表示されます。

 

border-radius :20px 40px 60px 80px

border-radius :20px 40px 60px 80px

 

■CSSサンプル

 

■HTMLサンプル

 

 

1-2-2. 3点(左上、右上&左下、右下)をpxで指定

先ほどは4つの角をそれぞれ指定しましたが、省略形で3つで指定することも可能です。

border-radius:30px 60px 90px;とした場合、左上(30px)  右上&左下(60px)  右下(90px)のようになり、下記のように表示されます。

 

border-radius :30px 60px 90px

border-radius :30px 60px 90px

右上と左下が同じ値が適用されます。

 

■CSSサンプル

■HTMLサンプル

 

1-2-3. 2点(左上&右下、右上&左下)をpxで指定

さらに省略して2つで指定することも可能です。

border-radius:30px 60px;とした場合、左上&右下(30px)  右上&左下(60px)  のようになり、下記のように表示されます。

 

border-radius :30px 60px;

border-radius :30px 60px;

左上と右下、右上&左下がそれぞれ同じ値が適用されます。

 

■CSSサンプル

 

■HTMLサンプル

 

1-2-4. 1点(左上&右下&右上&左下)をpxで指定

更に省略して1つで指定も可能です。

border-radius:30px とした場合、すべての角が30pxになります。

border-radius :30px;

border-radius :30px;

 

■CSSサンプル

 

■HTMLサンプル

 

 

1-2-5. pxではなく%で指定する

pxだけでなく%でも指定できます。使い方はpxの時と同様の指定方法になります。

4つ指定:border-radius:ww% xx% yy% zz%;

3つ指定:border-radius:xx% yy% zz%;

2つ指定:border-radius:xx% yy%;

1つ指定:border-radius:xx%;

 

border-radius:10%と指定した場合は、300pxの10%なので30pxが4つの角全てに適用されて下記のようになります。

 

border-radius :10%;

border-radius :10%;

 

■CSSサンプル

 

■HTMLサンプル

 

 

border-radius:50%と指定した場合は、50%=円の半径で下記のように円になります。

border-radius :50%;

border-radius :50%;


 

■CSSサンプル

 

■HTMLサンプル

 

 

1-2-6. 角を一箇所だけ指定する

左上だけ指定したい場合、border-radius:30px 0 0 0;などのように指定することも可能ですが、それぞれの角を直接指定する事も可能です。

 

border-top-left-radius:50%;と指定した場合、左上だけが丸くなって下記のようになります。

border-top-left-radius :50%;

border-top-left-radius :50%;

 

■CSSサンプル

 

■HTMLサンプル

 

同様にして、border-top-right-radius(右上)、border-bottom-left-radius(左下)、border-bottom-right-radius(右下)もそれぞれ指定する事ができます。

 

1-3. 応用的な使い方

1-3-1. 水平方向と垂直方向を別々に指定する

今までは、ある角に対して、水平方向と垂直方向を一つの値で丸みを指定していましたが、水平方向と垂直方向を別々に指定する事もできます。

 

border-top-left-radius :30px  90px;と指定すると、水平方向30px  垂直方向90pxとなり、下記のようになります。

border-top-left-radius :30px / 90px;

border-top-left-radius :30px  90px;

 

■CSSサンプル

 

■HTMLサンプル

 

 

border-radiusで指定する場合は、水平方向 /(スラッシュ) 垂直方向で指定できます。

 

たとえば、border-radius:120px 120px 30px 30px / 30px 30px 60px 60px;と指定すると下記のようになります。

border-radius:120px 120px 30px 30px/ 30px 30px 60px 60px;

border-radius:120px 120px 30px 30px/ 30px 30px 60px 60px;

 

ちょっとややこしいですが上記は、

左上(水平)120px 右上(水平)120px 右下(水平)30px 左下(水平)30px / 左上(垂直)30px 右上(垂直)30px 右下(垂直)60px 左下(垂直)60px

になっています。
 

■CSSサンプル

 

■HTMLサンプル

 

 

1-3-2. 組み合わせて図形を作る

これまで使ったものを応用して、図形と図形を組み合わせて、CSSで面白い図を表現する事もできます。
 

円柱

円柱

 

■CSSサンプル

 

グラデーションの作り方は「CSS グラデーションの作成方法【ジェネレーター ツール HTML」をご参照ください。

 

■HTMLサンプル

 

 

1-4. Webブラウザの互換性について

さて、border-radiusというプロパティは昔から存在していたわけではなく、CSS3という比較的新しい規格のなかで生まれました。

したがって、IE8など数年前くらいの古いブラウザでは正常に動作しない場合がありますのでご注意ください。

ただし、border-radiusは最近のブラウザなら大体動くようで、ベンダープレフィックスなどつけなくても実際は大体をカバーできると思います。

 

border-radiusのサポートWebブラウザ

border-radiusのサポートWebブラウザ


 

http://caniuse.com/#search=border-radiusより抜粋

 
 

スポンサーリンク



 
 

2. まとめ

まとめです。

今回は、border-radiusプロパティを使って、四角形の角を丸くする方法を紹介しました。

pxによる指定方法と、%による指定方法、個別に角を指定する方法、そして角の水平・垂直方向をそれぞれ指定する方法を紹介しました。

また、Webブラウザの互換性について説明しました。

border-radiusを利用すると、jpgファイルなどの画像を使わなくても、丸い枠を作ったり、簡単な図形を作ったりする事ができますので大変便利です。

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめです


コメント投稿

すべて必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


mail無料メルマガ

メルマガを受け取る女性

読者限定の情報やイベント情報を先行配信

読者限定のお得なモニター価格情報やHP作成・運用や独立・副業を考えている人向けにイベントの先行配信しています!登録・解除は自由です!ぜひご登録ください!