WordPress ログインやコメント時に 画像認証 を作成する【セキュリティ・スパム対策 プラグイン】


今回紹介するのは、「SI CAPTCHA Anti-Spam」というWordPressのプラグインで、ログイン画面やコメント投稿画面で「 画像認証 」を設置することができます。
 

画像認証という技術により、業者の悪意あるプログラムによるスパム攻撃を防ぐことができ、セキュリティを向上に貢献できます。
 

画像認証 イメージ

画像認証 イメージ

 

もくじ

以下は本記事のもくじです。

  1. 1. 画像認証とは
  2. 2. 画像認証プラグイン「SI CAPTCHA Anti-Spam」
    1. 2-1. プラグインの特徴
    2. 2-2. 設置・設定手順
      1. 1-2-1. テスト環境
      2. 1-2-2. インストール・初期設定
      3. 1-2-3. ログインフォームでキャプチャを有効にする
      4. 1-2-4. パスワード紛失フォームでキャプチャを有効にする
      5. 1-2-5. コメントフォームでキャプチャを有効にする
      6. 1-2-6. 次の条件に合致するユーザーをキャプチャから隠す
  3. 2. まとめ

 

 

1. 画像認証とは

サイトにユーザー登録する時やブログのコメントでに、歪んだ画像の文字の入力を促される場面を経験した事は多いとおもます。

アメブロ コメント時の画像認証

アメブロ コメント時の画像認証

 

画像認証は、業者がプログラムを使って、自動でアカウントを大量登録したり、コメント欄に宣伝を書き込んだりすることを防ぐために使われます。

画像に表示されている文字は、人間には読めてもコンピュータが自動的に読むことが難しいので、業者のスパム操作を防ぐ事に役立ちます。

 

  • スパム (spam) とは、自動プログラムなどで無差別で大量に送信される、電子メールを主としたメッセージのことです。広義には、メールだけではなく、コメントや掲示板などに書き込まれるメッセージなどもスパムと言われます。

 

ここでは、WordPressで画像認証を設置するプラグイン「SI CAPTCHA Anti-Spam」を紹介します。

 

2. 画像認証プラグイン「SI CAPTCHA Anti-Spam」

2-1. プラグインの特徴

SI CAPTCHA Anti-Spam は、WordPressのログイン画面やブログのコメント欄に画像認証を設置できるプラグインです。

このプラグインを導入することで、業者のプログラムによる不正なログイン試行やコメントの自動投稿(スパム)を防止する事ができます。

もし、現状、コメントスパムの経験がある、もしくは危険がある方はこのプラグインを導入をご検討してみると良いかもしれません。

※最近のスパム用のプログラムも賢くなっているので、完全には除去できない場合もあるようです。

 

それでは、SI CAPTCHA Anti-Spamの設置・設定手順に入ります。

 

2-2. 設置・設定手順

2-2-1. テスト環境

今回のテスト環境です。

WordPress バージョン 4.5.3

SI CAPTCHA Anti-Spam バージョン 2.7.7.7

すでに本番運用しているWordPressに導入する場合は、元に戻せるように事前にバックアップを取得しておくことを推奨します。

 

2-2-2. インストール・初期設定

それでは、インストール・初期設定手順を説明していきます。

 

まず、「SI CAPTCHA Anti-Spam」をインストール後、有効化します。

SI-CAPTCHA-Anti-spam

SI-CAPTCHA-Anti-spam

 

WordPressの管理画面からプラグイン>SI Captchaオプションで設定できます。

WordPress 設定 > SICaptchaオプション

設定 > SICaptchaオプション

 

下記の設定画面でSI Captchaの設定を行うことができます。
デフォルトでは、ログイン画面の画像認証にチェックが付いていないので必要に応じてチェックをつけます。設定完了後に「オプション更新」を押下します。

SI CAPTCHA 設定画面

SI CAPTCHA 設定画面


 

今回は上記の設定項目のうち主要ないくつかの項目抜粋して説明します。

 

2-2-3. ログインフォームでキャプチャを有効にする

キャプチャ>「ログインフォームでキャプチャを有効にする」にチェックをつけると、以下のようにログイン時に画像認証が表示されます。
 

WordPress ログイン画面での画像認証

ログイン画面での画像認証

 
以下、ヘルプの抜粋です。

ユーザにとって煩わしいものであることから、デフォルトではログインフォームでのキャプチャを有効にしていません。ボットが勝手にログインしてくるなど、スパム関係でのトラブルにお悩みの場合に限り有効にしてください。

 

2-2-4. パスワード紛失フォームでキャプチャを有効にする

キャプチャ>「パスワード紛失フォームでキャプチャを有効にする」にチェックをつけると、以下のようにパスワード紛失時の画面で画像認証が表示されます。
 

WordPress パスワード紛失画面での画像認証

パスワード紛失画面での画像認証

 
以下、ヘルプの抜粋です。

キャプチャテストを通過しないと新しいパスワードの取得を要求できなくすることで、自動スパムボットを防ぐ。

 

2-2-5. コメントフォームでキャプチャを有効にする

キャプチャ>「コメントフォームでキャプチャを有効にする」にチェックをつけると、以下のようにコメントフォーム画面で画像認証が表示されます。
 

WordPress コメントフォームでの画像認証

コメントフォームでの画像認証

 
以下、ヘルプの抜粋です。

コメント投稿時にキャプチャテストを行うことで、自動化したスパムボットから保護する。

 

2-2-6. 次の条件に合致するユーザーをキャプチャから隠す

「次の条件に合致するユーザーをキャプチャから隠す:登録ユーザー全員」にチェックが付いている場合、ユーザーがWordPressにログインしている状態の場合は画像認証が表示されなくなります。
 

ユーザーログイン状態のコメントフォーム 画像認証非表示

コメントフォーム 画像認証非表示

 

そのほかにも、設定項目にある範囲で画像認証のスタイルやラベルを変更することもできますが、ここでは割愛します。

 

 

2. まとめ

今回は、画像認証の説明と、WordPressで画像認証を設置するプラグイン「SI Captcha Anti-Spam」の設置設定手順を説明しました。
 

最近では、レンタルサーバー側でもスパム防止策を規定で実施している事もありますので、すべてのWordPressに画像認証が必要かと言われるとそうでもないと思います。
 

現状の運用でスパム攻撃された経験がある、もしくは顧客情報などを取り扱っている場合など、更にセキュリティ対応をする場合には検討の価値があると思います。

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

こちらの記事もおすすめです


mail無料メルマガ

メルマガを受け取る女性

読者限定の情報やイベント情報を先行配信

読者限定のお得なモニター価格情報やHP作成・運用や独立・副業を考えている人向けにイベントの先行配信しています!登録・解除は自由です!ぜひご登録ください!