無料ドメインにするか、独自ドメインにするか


初めてホームページを作成する際に、無料 ドメイン か、独自 ドメイン かで悩んだことがあります。

今回はホームページを持つ時に必ず必要になるドメインのついて説明したいと思います。

 

ドメインとは

ホームページにアクセスするときにURLに「http://〇〇」と入力して(あるいはブックマークから)アクセスしますね。

〇〇はインターネットの世界における住所にあたり、ドメインと言います。

 

ドメインとは

 

本サイトの場合は、http://keimatsumoto.comです。

※ちなみに.comの部分をトップレベルドメインといいます。

.comの他にも.netや.infoなど数多くの種類があり、ドメインを取得する際にこれらの中から選択する必要があります。

.co.jp(法人向け)、.ne.jp(通信業社向け)など、特定事業のみ使えるものも存在しますが、個人事業でホームページを運営する場合は、.comであることが多いです。

 

さてこれからホームページを初めて作成しようとした際に、〇〇の部分を自分オリジナルの名前にするか(独自ドメイン)、サービス提供会社のドメイン配下(無料ドメイン)の名前にするか選択する必要があります。

 

独自ドメインとは

独自ドメインはその名の通り、「http://〇〇」の〇〇をオリジナルの名前で命名することができます。

本サイトは「http://keimatsumoto.com」で私の名前をつけていますので独自ドメインに相当します。

独自ドメインでホームページを作るためには、年額1,000〜2,000程度の独自ドメイン取得・更新費用がかかります。

 

無料ドメイン

一方サービス提供会社配下のドメイン名は無料で利用できることが多いです。

 

たとえば、サイバーエージェントが運営するアメブロの場合は

「http://ameblo.jp/□□」になります。

 

一方はてなブログ(の無料プラン)の場合は

「http://□□.hatenablog.com」になります。

 

どちらも無料で利用できますが、自分で命名できるのは□□の部分のみで、どこかにサービス提供会社の名前が入っていることが多いです。

ちなみに

http://ameblo/□□をサブディレクトリ型

http://□□.hatenablog.comをサブドメイン型と言います。

無料ブログはだいたい無料ドメインですね。

 

独自ドメインと無料ドメインのどちらがいいか

ドメイン名は気軽に変更できないのでよく考えて選択する必要があります。

アメブロのような既存の無料ブログサービスを利用する場合は、基本的に無料ドメインになるとおもいます。

一方オリジナルのホームページを作る場合はどうでしょうか。

この場合でも独自ドメインにするか、無料ドメインにするかは選択する必要があります。

 

 

独自ドメイン取得・更新費用はせいぜい年間2,000円程度です。一方独自ドメインには2,000円以上の効果を持っています。

また、あとで無料ドメインから独自ドメインに変更するのはかなりの手間とリスクを伴いますので、

できれば独自ドメインでホームページを作成しておきましょう。

 

 

ちなみに、新しくドメインを取得する際は該当ドメインが過去に使われていたかチェックしておきましょう。

万一の話ですが、過去にペナルティを受けたスパムサイトとして運営されていた可能性も0ではありません。

以下の過去のドメイン履歴をサイトから確認することができます。

http://www.archive.org/web/web.php

 

 

※ただし、以下のような場合は無料ドメインでも良いと思います。

・検証や勉強目的でホームページを立ち上げたい。

・期間限定の告知やサンプルページなどの特定用途で立ち上げたい。

 

このような特定用途・使い切りの場合はわざわざ独自ドメインを取得しなくでも無料で十分だと思います。

しかし、将来的にそのままビジネスで長く使う可能性がある場合は初めから独自ドメインを取っておいたほうがよいと思います。

 

 

こちらの記事もおすすめです


コメント投稿

すべて必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


mail無料メルマガ

メルマガを受け取る女性

読者限定の情報やイベント情報を先行配信

読者限定のお得なモニター価格情報やHP作成・運用や独立・副業を考えている人向けにイベントの先行配信しています!登録・解除は自由です!ぜひご登録ください!