WordPress 使い方 管理画面(ダッシュボード)の解説【ワードプレス 基本】


ここでは、 WordPress 使い方 を理解するために、基本操作画面と各項目の意味を説明します。
 

 

※2016年10月24日時点での手順になります。
 

もくじ

以下は本記事のもくじです。

  1. 1. WordPressの使い方 管理画面を理解する
    1. 1-1. WordPressの管理画面
    2. 1-2. 投稿
    3. 1-3. 固定ページ
    4. 1-4. 外観
    5. 1-5. プラグイン
    6. 1-6. 設定
  2. 2. まとめ

 

それでは説明に入っていきます。
 

スポンサーリンク



 
 

1. WordPress 使い方 管理画面を理解する

1-1. WordPressの管理画面

WordPressのサイトの管理画面(ダッシュボード)を説明します。
 

下記のURLでアクセスするとログイン画面が表示されます。
 

http://WordPressをインストールしたドメイン/wp-login.php
 

管理用のユーザーIDとパスワードを入力します。

WordPress ログイン画面

WordPress ログイン画面


 

管理者でログイン成功後に管理画面が表示されます。

WordPress 管理画面 (ダッシュボード)

WordPress 管理画面 (ダッシュボード)


 

よく使う主要項目としては以下の通りです。ここでは、下記の項目を中心に説明していきます。

項目 内容
投稿 ブログとして利用できる機能です。時系列で最新情報が一番上に表示されていきます。お知らせ情報やブログなど投稿機能を利用するのが一般的です。
固定ページ 会社情報やお問い合わせページなど決まった場所の決まった箇所に表示しておきたいページを固定ページで作成します。ページ作成の機能自体は投稿とほぼ同じです。
外観 その名の通り、サイトの外観(デザイン)系の設定を外観から設定します。テンプレートやメニューバーなどもここで設定できます。
プラグイン お問い合わせ機能やサイトマップなどWordPress自体が持っていない機能をプラグインという形で追加することができます。
設定 サイト名やURLの構造設定、トップページの設定などの各設定ができます。

 

1-2. 投稿

ブログとして利用できる機能です。時系列で最新情報が一番上に表示されていきます。お知らせ情報やブログなど投稿機能を利用するのが一般的です。
 

投稿>投稿一覧を選択すると一覧が表示されます。新規で登録する場合は新規登録ボタンを押下します。

WordPress 投稿機能

WordPress 投稿機能


 

投稿画面が表示されます。タイトルと記事の内容を記述します。下書き保存、プレビューで確認の上、記事が完成したら公開ボタンを押下します。

WordPress 投稿機能

WordPress 投稿機能


 

(※)プレビューでの確認画面

WordPress 投稿 プレビュー

WordPress 投稿 プレビュー


 
 

画像・動画を追加する

画像や動画を追加する場合は投稿画面で「メディアを追加」を押下します。

WordPress 投稿画面

WordPress 投稿画面


 

ファイルアップロードで追加したいファイルをアップロードします。

WordPress  ファイルアップロード

WordPress ファイルアップロード


 

追加したファイルを選択して「投稿」ボタンを押下します。

WordPress ファイル選択

WordPress ファイル選択


 

投稿画面に画像が追加されたことを確認します。

WordPress 投稿画面 画像追加

WordPress 投稿画面 画像追加


 

結果はプレビュー画面でも確認できます。

WordPress  プレビュー

WordPress プレビュー


 

1-3. 固定ページ

会社情報やお問い合わせページはホームページ上部のメニューバーにありますが、このように決まった場所の決まった箇所に表示しておきたいページを固定ページで作成します。
 

下記は固定ページをメニューバーに設定した時のサンプルです。

WordPress 固定ページをメニューバーに設定 サンプル

WordPress 固定ページをメニューバーに設定 サンプル


 

固定ページを押下すると固定ページの一覧が表示されます。追加する場合は「新規追加」を押下します。

WordPress 固定ページ一覧

WordPress 固定ページ一覧


 

固定ページ画面が表示されますので、投稿と同じ要領で記事を作成できます。

WordPress 固定ページ

WordPress 固定ページ


 

(※)ページ作成の機能自体は投稿とほぼ同じです。
 
 

1-4. 外観

外観では、その名の通り、サイトの外観(デザイン)系の設定を設定します。テンプレート(テーマ)やメニューバーなどもここで設定できます。

WordPress 外観

WordPress 外観


 

外観>テーマでは、テーマ(サイトデザインのテンプレート)の設定を行います。

WordPress 外観 テーマ(theme)の設定

WordPress 外観 テーマ(theme)の設定


 

外観>メニューでは、メニューバーなどの設定を行います。先述の固定ページで作成したページをここでメニューバーに追加設定できます。

WordPress 外観 メニューの設定

WordPress 外観 メニューの設定


 
 

1-5. プラグイン

プラグインでは、お問い合わせ機能やサイトマップなどWordPress自体が持っていない機能をプラグインという形で追加することができます。
 

プラグインを選択すると現在インストールされているプラグインの一覧が表示されます。新しくプラグインを追加する場合は、「新規追加」を押下します。

WordPress プラグイン

WordPress プラグイン


 

追加画面が表示されますので、追加したいプラグイン名などで検索してプラグインを追加することができます。

WordPress プラグイン 追加

WordPress プラグイン 追加


 
 

1-6. 設定

設定では、サイト名やURLの構造設定、トップページの設定などの各設定ができます。

WordPress 設定

WordPress 設定


 

一般設定では、サイト名やキャッチフレーズ、メールアドレスなどを設定できます。

WordPress 設定 一般設定

WordPress 設定 一般設定


 

表示設定では、トップページの表示や最新の投稿表示件数などを設定できます。

WordPress 設定 表示設定

WordPress 設定 表示設定


 

パーマリンク設定では、投稿ページのURLなどが設定できます。

WordPress 設定 パーマリンク設定

WordPress 設定 パーマリンク設定


 
 

2. まとめ

今回は、WordPress 使い方 を理解するために、基本操作画面と以下のよく使う各項目の意味を説明しました。
 

項目 内容
投稿 ブログとして利用できる機能です。時系列で最新情報が一番上に表示されていきます。お知らせ情報やブログなど投稿機能を利用するのが一般的です。
固定ページ 会社情報やお問い合わせページなど決まった場所の決まった箇所に表示しておきたいページを固定ページで作成します。ページ作成の機能自体は投稿とほぼ同じです。
外観 その名の通り、サイトの外観(デザイン)系の設定を外観から設定します。テンプレートやメニューバーなどもここで設定できます。
プラグイン お問い合わせ機能やサイトマップなどWordPress自体が持っていない機能をプラグインという形で追加することができます。
設定 サイト名やURLの構造設定、トップページの設定などの各設定ができます。

 

とはいえ、自分で触ってみないことにはなかなかわからないことも多いと思いますので、興味がある方は以下の記事もご参照いただければと思います。

男性 解説
 
 

無料 レンタルサーバー Xドメインで WordPressをインストールする手順
 

初めての ホームページ 作成 手順 と 知っておきたい基礎知識【ドメイン サーバー】
 
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク