コンテンツマーケディング


最近は初心者でも簡単にホームページを作成できます。

しかし、私もそうですが箱となるホームページまでは作成できても

どのように魅了的なコンテンツを作成して、どのように効果的に見せていくかについて悩むところが多いとおもいます。

特に、ビジネス目的でホームページを立上げた場合、

「誰に」「どんな内容」を提供するかを考えておく必要があります。

もちろん、どれだけ考えたところで初めから完璧なコンテンツを提供することは難しですし、必ず試行錯誤しつつ改善を図っていく必要があります。

しかし、事前に考えておくことで同じ試行錯誤でも改善スピードや内容に違いが出てきます。

「コンテンツマーケティング」という手法を知っておくと効果的にコンテンツを作成・運営できます。

コンテンツマーケティングとは

製品・商材主体の広告宣伝という考え方ではなく

読み手に価値があるコンテンツを作成・発信することで定期的に訪問して頂いて
購買へとつなげる。

更には定着もしてもらえるように目指していくマーケティング手法です。

まず「読み手に興味を持ってもらい」、「定期的に訪問していただく」

そのうえで、「商材を購買していただく」

という流れになりますので、SEO対策や広告よりも時間がかかるのが一般的です。

売り上げにつながるのが数ヶ月・半年以上かかることもおかしくはありません。

しかし、時間がかかるぶん、一回の売り切りではなく、継続してもらえる可能性も高いのでじっくり構える必要があります。

 

ペルソナ

「そのコンテンツがどのような人に向けたものか」を意識するとコンテンツが定まってきます。

「どのような人か」をモデル化した像をマーケティング用語で

「ペルソナ」といいます。

※心理学用語としては、もともと古典劇において役者が用いた仮面のこととして呼ばれ、さらにユングは人間の外的側面をペルソナと呼んだようですね(https://ja.wikipedia.org/wiki/ペルソナ_(心理学))

ペルソナの仮面

年齢・性別・仕事・趣向などの各属性を絞ることでコンテンツの対象が定まります。

不特定多数向けの情報よりも特定の誰か向けの情報の方がメッセージは強かったりします。

ファッション雑誌とかはターゲットが絞られていてとてもわかりやすい例です。

身近な知人でイメージしてみて記事を書いてみると面白いかもしれないですね。


コメント投稿

すべて必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。


*